Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » 「カウンセリングを受けたら?」という言葉に抵抗を感じたら【豊田*心理マネジメント】

「カウンセリングを受けたら?」という言葉に抵抗を感じたら【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

友だちに、何度も悩み相談をしているうちに

「カウンセリングとか受けた方がいいんじゃない?」

と、言われてしまい
「ガーン!!」とショックを受けた…

(何で、分かってくれないの??
私が悪いって言うの??)

こんな、『心の抵抗』を感じた時

自分の中で
裏の声が、聴こえています。

「あなたは、間違っているんだよ~。」

「あなたは、異常なんだよ~。」

「あなたは、人格を変えるべきなんだよ~。」

うう~~。苦しい。

耳を塞ぎたくなります。

当たり前ですよね~。

─────────────────────────

悩みは解決したいし

この状況は変化して欲しい

でも、カウンセリングを受けたら

『私が悪い』っていうことを認めるみたいでいやだ。

─────────────────────────

この状態は

「変わりたい」⇔「変わりたくない」

という葛藤が心の中で起きています。

あなたの中で起きている抵抗感は
この葛藤が起こす心の摩擦です。

ここに、とどまっていると
苦痛を感じる今の状態から
まったく動くことができません。

でも、このままでは辛いですよね。

一番、認めたくない部分は

「自分が悪い。」

という部分です。

これは、子どものときに

1.×をつける
2.×がある事は「悪い」というすり込みをする
3.×を改善させる

という「否定の3ステップ」で教育されてきたからです。

本当は、2は必要ありません。

そもそも、×なのかどうかも
ものによっては決められないのです。

その中の一つが
あなたの『人格』です。

自分の思い通りの子どもになるように
コントロールを試みてきた大人が

『人格』

の部分にまで×をつけて
あなたの罪悪感をあおり
精神的苦痛を味あわせてきたのです。

その経験があると

「変わりなさい。」

という言葉に対して苦痛を感じます。

────────────────────────

人間の自然な状態の一つとして

「成長する」

という項目があります。

これは子どもの時代だけの
ものではありません。

生きてる限り、様々な問題は起こります。

それを解決しながら生きるのが人生です。

成長しつづけながら生きることが必要です。

ところが

成長に対して
「否定の3ステップ」を用いると
必ず心が葛藤を起こして思考停止になります。

そうなると、成長が止まってしまいます。

アインシュタインの名言で

問題が起きた時と同じ思考レベルでは
問題を解決することができない。

と言われているので

問題が起きたら

1.学ぶ
2.成長する
3.解決する

のステップで先に進みます。

心理的には
1.問題のありのままを理解する
2.行き詰まりの思考に気づく
3.不要な壁を突破する

の、「肯定の3ステップ」です。

問題がある状態を
×(否定)ではなく、
〇(肯定)でとらえます。

〇(肯定)の思考とは

“ただ、上手く行かない方法が
ここに存在しているだけなんだな。”

を、承認するだけです。

そして、あなたの人格(本質)は

「〇×をつけられる評価の対象にはならない。」

という事です。
(ここ重要ですよ!)

成長とは、あなたの本質を輝かせるためのものです。

プレセミナーではお一人様ずつ
丁寧にお話を聴かせて頂いています。
どうぞ、ゆったりしに来てくださいね。(^^)

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.