Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » 『毒親』について考えてみました【豊田*心理マネジメント】

『毒親』について考えてみました【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

トラウマやアダルトチルドレンは
『子どもの立場』である、自分の問題ですが

それが『親の立場』に変わると
“毒親”ではないか?という問題になります。

──────────────────
とあるQ&Aサイトの質問
「私、毒親かも知れません…。」
──────────────────

投稿内容はこんな感じだったと思います。

『子どもが心を閉ざしてしまっています。

今までの自分を振り返ると
毒親と言われても仕方がないことを
してきたような気がします。

そのことを子どもに話してあやまりました。

でも、子どもはなかなか心を開いてくれません。

毒親と思われないようになりたいです。
何をしたらいいのでしょうか?』

この投稿に対して
「何をしたら毒親なのか?」という論点で
色々な意見がありましたが
その結論はこの様なものでした。

「子どもが毒親だと思ったら毒親。」

う~ん。なるほど。一理ある。

でも、ちょっと定義があいまいですね。

親の立場としては
毒親という名前の
“正体不明なモンスター”に
おびえる感が残ります。

せっかくなので
心理マネジメントの世界観で
解釈してみようと思います。

私自身、まだ両親がそろっていて
自分の子どももいます。

今は「子の立場」と、「親の立場」を
同時に体験できるベストポジションですね。(^^)
それぞれの立場になって書いてみます。

───────────────────
『子どもの立場』で考える
“毒親”に育てられる問題点
───────────────────

◎心理構造がゆがまされる

過去の私は、ストレス性心身症に苦しみ
人間関係に対しても警戒心が強く
心に岩盤のような壁を作っていました。

その内面とは裏腹に、
表の顔はいつもニコニコ。
親切にふるまい、仕事も他人の2倍はやりこなす。
社内では一番年少という理由で給料は一番安い。
他人のミスまで、私の責任です。と引き受ける。

いわゆる「いい人。」

外側と内側で真逆を行っています。分離状態です。

自分の感情を完全に封じ込めて
外側の振る舞いは他人の理想通りに動いてます。

もう、完璧に
他人に都合の良いプログラム通りに動く
忠実なロボットだったんですよね。

素直すぎる(笑)私は
それが正解と思って全力投球でした。(汗)

もちろん、最後は全部壊れてしまいましたが。
その理由はまたそのうちに。

何が起きていたかというと

・自分を大切にするための、感じる力

・自分と他人の境界線を引く力
(責任の所在を明確化する)

・自分の問題を解決するための、考える力

を失っています。

それらを無くした代わりに与えられているものが

「他人(親)の責任を肩代わりする思考パターン。」

です。

毒親の言うことを忠実に守った結果は

「他人(親)に都合良くコントロールされる心理。」

を持っている人間がつくられていたということです。

────────────────────
“毒親”育ちが
『親の立場』になると起きる問題点
────────────────────

◎すり替え行為が解決方法になる

毒親教育のたまもので
すっかり、自分の存在とは

「親の欲望を代わりに叶えてあげるためにある。」
という

“大前提”の中で生きていました。

選択、決断、行動をする際は
無意識レベルで
親が気に入る結果を得ることを
基準にしています。

さらに極端に言うと

「基準通りの結果なら、存在を許す。」
でも
「基準から外れたら、存在を許さない。」

というルールで生きることになっています。

世の中はいつも変化していることや
人間には個々に生まれ持った資質があることなどは
完全に基準の外の話になります。

「この基準っておかしいんじゃないの?」

と、どこかで感じたとしても、
親から存在を否定される(生きていけない)
恐怖感情にも支配されているため
気づかないフリをしなければなりません。

ですが最も困る問題が起きます。

人生で起きる問題の”解決方法”についてです。

毒親は生き方の基準を
頑なに守っているため、自身の成長を拒みます。

ですが、人生で問題が起きたら、
感じ方や思考力を成長させなければ
解決することができません。

そのズレを解消するために
必要なことがあります。

毒親が行っている
子どものコントロールの真の目的は

「自分の責任を子どもになすりつける事」です。

自分の中にある問題から目を背けて
「無かったこと」にしたがります。

そして、子どもが”悪い”から、問題が起きたんだと

『原因のすり替え行為』をします。

毒親に子どもが傷ついている
一番の理由はここにあります。

毒親は自分の感じ方や思考力の未熟さを
正当化したいがために

「お前が悪い。」と

子どもの人格を否定しているんです。

──────────────────────────

◎『私が悪い』が前提になってしまう

毒親育ちは
他人コントロールの心理状態なので
他人から受ける”人格否定”に対して

「疑問」を持ち

「反発心」を感じて

「反論」することができません。

自分の身(心)を、自分で守れないのです。

その結果

「私(人格)が悪いから問題が起きた。

私が感じたことは間違いだし
私は自分で考えてはいけない。

だから

相手の言うように〇〇をしなければならない。」

と、自分の人格を否定しながら
相手が気に入るような行動をとる
ことになります。

自分で自分を傷つけているんです。

そうすると、感情は納得しません。

心の中は不快感情で一杯になります。

でも考える力は、すでに奪われているため
どうしたらいいかも分かりません。

やり場のない感情だけが残り
心の中で暴れまわります。

イライラしっぱなしになるし
何も起きてないのに不安で身動きがとれなくなるし
カギをかけたかどうかで頭が一杯になるし
ホコリが一つでも落ちていると許せなくなります。

これではまともに生活ができません。

解決方法は毒親から教わった

・子の立場として、自分を傷つける
・親の立場として、子どもを傷つける

この方法しか分かりません。

結局どうすることもできず

・親の立場として、子どもを傷つける

この手段をとってしまいます。

そうなってしまうと

「私は、毒親かも知れません…。」

と、苦悩することになります。

───────────────────
本当の解決を目指すには
───────────────────

◎自分をコントロールする力を取り戻す

自分の”毒親”状態に気づいて
子どもに対して、謝罪ができるのは
本当に素晴らしいことです。

『問題がある現状の
ありのままを理解する』
ができています。

重要なステップ1をクリアしていますよ。

そうしたら、次のステップにもトライしてみましょう。

ここで、同じ問題を繰り返してしまっては

「口だけで、何も変わっていない。」

と、子どもが警戒心を解くことはありません。

今までとは違う行動ができる
自分になる必要があります。

そのために必要なのが
自分のコントロール力を取り戻す事です。

具体的には

・自分の中にある、問題に気づく
・問題の本質を、注意深く観察する
・自分の感情を、自分できちんと消化する
・問題が解決できる、新しいあり方を身につける
・新しいあり方に沿った行動に変えて行く

これが自己コントロール力です。

心理構造が、本来のあるべき状態なら
心はこの動き方で、成長していけます。

心が本来の姿で動いていれば
感じ方も、考え方も、行動も、簡単に進化させられます。

怒っても、不安を感じても、その感情に飲まれなくなります。
感じたらすぐに「どうすればいいか?」に
意識を切り替えることができるからです。

親自身が、内省し、行動を変えて行く姿を見せれば

「口だけ。」

ではなくなりますよね。

子どもはいつでも、親の外側よりも
内側を感覚的に理解しています。

親自身が気づいていない部分までも
理解ができるのです。

その鋭さはすさまじく
それを容易にごまかし、だますことはできません。

実は、子どもの前では
逃げられないのは親の方なんです。

ここで逃げずに
本当の解決方法を選択していけば
問題が起きても
誰も傷つけることがなくなります。

自分の問題を子どものせいにしない姿勢でいれば
子どもは心を開くことができます。

子どもの素直な言葉を聴けると
とても大切なヒントをくれることもあります。

────────────────────────────────────

◎自分の責任は、自分のもの

子ども自身も、自分の問題にぶつかるときがあります。
それは、子どもの責任なので親が肩代わりはしません。

だからといって、助けを求められた時に
拒絶するわけではありません。

解決方法を、親が全部を支配するのではなく
子どもは、どんな解決をしたいと思っていて、
そのために、何を必要としているのかをよく聴いて
『手伝う』というスタンスが重要です。

子どもが自分で乗り越え成長するチャンスを
生かしてあげたいと思います。

────────────────────────────────────

完璧になる事は難しいですよね。
おそらく、生きている間に達成できないでしょう。

でも、完璧に向かって進んでいる姿は
信頼に値すると思います。

あなたはどう思いますか?

よかったら感想を聞かせて下さい。(^^)
メールでも、講座で実際にお話でもお気軽にどうぞ。

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.