Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » カウンセラーはあなたを助けられません!【豊田*心理マネジメント】

カウンセラーはあなたを助けられません!【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

今回は、衝撃的なタイトルですね~。

 

助けてほしいと思っているあなたには

がっかりさせてしまっているかも知れません。

 

「じゃあ、あなたの仕事は何なのよ!」

と、ツッコミたくなるかも知れません。

 

でも、真実なので仕方がないのです。

 

悩んで苦しんでいるあなたと同様に

「クライアント様が変化しない…。」

と、困っているカウンセラーさんも

実は同じ悩みの壁にぶつかっています。

 

下に理由を載せますが

これが分かると、あなたも助けられる側から

助ける側になれますので

タイトルの謎をぜひ解いてみてください。

 

───────────────────────

 

カウンセラーはクライアントを助けることはできない。

カウンセラーにできることは、気づかせることだけ。

 

カウンセラーが、クライアントの能力を見くびれば真実が見えなくなる。

クライアントはいつも完璧である。

 

クライアントは、迷宮のように複雑な流れをひとかたまりにして表現している。

カウンセラーは、悩みの状態を細分化して具体的に見せるだけ。

 

カウンセラーが、クライアントの選択を変えさせることはできない。

クライアントの意識を、受動から能動へ変化させることはできる。

 

カウンセラーは、クライアントの悩み(問題)にフォーカスをしない。

悩み(問題)の”苦しみ”にフォーカスをする。

 

カウンセラーは、クライアントの苦しみの対処のみに骨を折らない。

苦しみになる”きっかけ”を探し出す。

 

クライアントは、苦しみのきっかけの被害者ではない。

クライアントは、無意識にきっかけに”従う”ことで”得られるメリット”を自らつかんでいる。

 

クライアントにとって、きっかけに従うメリットはベターでしかない。

クライアントにとってのベストは、きっかけを断ったその先に現れる。

 

クライアントの執着は、ベターに魅力がないことを知れば手放せる。

空いた手は、無意識にベストをつかみに行く。

 

───────────────────────

 

「全ては自らが選択している」が腑に落ちたら問題は終わります。(^^)

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2016 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.