Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » クリエーターを目指す(雑記)【豊田*心理マネジメント】

クリエーターを目指す(雑記)【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

誕生日を迎えたこの機会に、
自分を振り返ってみました。

─────────────────────

私は高校からデザインを学び、
デザイン事務所へ就職しました。

職種でいうと、主に、
DTPデザイナー、
DTPオペレーター、
キャラクターデザイナー、
イラストレーター、
テクニカルイラストレーター
と呼ばれる内容の業務をこなしていました。

書き出すとたくさんありますが、
カタログ、
パンフレット、
マニュアル、
ポスター、
フライヤー
等を完成させるには、
これだけの役割が必要だったため。
ということでしたので。

グラフィックデザイナーというと、
「クリエイティブですね。」と、
よく言われていましたが

いつも違和感がありました。

クリエイティブとは、創造です。

自分で、新しいものを生み出していくという感じです。

ですが、私自身は、
クライアントに依頼された物を、
その通りの形にするだけでした。

言われた通りのものを作るだけでは、
単純に「作業」という感覚です。

デザイン業を行ってはいるものの
単にデザインの「作業」ができる人。でした。

外部からの刺激があれば、アイデアは出るのです。

でも、自分が本当にやりたいことについては
急に雲がかかるように真っ白になります。

いざ、本当の意味での創造を試みても、
何も出ないのです。

ここで苦悩して、いつも心の摩擦が起きました。

「私は、クリエーターじゃない。」

その結論にたどり着いたとき、愕然としました。

そして体調不良などもあり、
デザイン業からは一度離れることになります。

もう一つ、自分の中にあった、
何かを研究したい、という欲求に従い、
その後に出会った心理学で、自己探求が始まりました。

そこで分かったことは

心には、役割があり、構造があり、
肉体とのつながりがあり
ミッションを持っていて、
ビジョンを描けるということです。

クリエーターになれなかった要因は

自分の心の構造に、
歪みが生じていたという事にたどり着きました。

感情に強い抑圧がかかっていたため
心の核から送られるメッセージに
ブロックをかけていたのです。

だから、頭が真っ白になるんだって理解できました。

一般的な学校では、

あらかじめ答えが用意されている課題を
指示通りにこなす。

というトレーニングを受けてきたので

個人的な感情や、ビジョン、ミッションについては
むしろ、考えないように指導されてきた感じがします。

意見を述べる機会があったとしても
学校の固定観念が一番で、その枠内。

という感じです。

家庭でも、親の固定観念が絶対で
子どもの意見は、その枠を超えさせない。

というタイプだと、感情を止めるクセは
より、強化されていきます。

すると、いざ自立を迎えた時期に

自分はこの世界で、何を創造するのか?

という、あり方に彷徨うことになります。

そうなると

「今年の新人は、指示待ち。使えない。」

なんて、先輩方から辛辣な批判を受けますね。(^^;)

─────────────────────────

デザイン業だけが、クリエーターではありません。

職業や役割という形は多種多様ですが
自分が創造したいことは
みんな心の核に持って生まれています。

才能はそこにあるんです。

『誰もが、クリエーターになる世界へ』

今の私が感じ取っている、ミッションです。

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.