Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » 問題が起きた時と同じ思考レベルでは解決ができない【豊田*心理マネジメント】

問題が起きた時と同じ思考レベルでは解決ができない【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

心理をマネジメントする
メリットの一つとして

問題が問題のまま
“苦しみ”でなくなる事があります。

────────────
問題より、否定が問題
────────────

問題が起きた事よりも
その問題が起きた事を“ダメ”と
否定することから
苦しみを感じる悩みが生まれます。

よくよく考えてみると
人生とは予測不可能な世界です。

それなのに
その世界で、問題を起こさないように
全ての物事を完璧にこなさなければ

「ダメ」

という前提を持ってます。

当たり前の常識レベルになっていることなので
中々、気づきにくいポイントです。

この思考レベルで問題を解決しようとすると

「何故、こんな問題が起きてしまったのだろう?」

「一体、私の何がいけなかったのだろう?」

「誰のせいでこんな事になったのだろう?」

という視点で考えているため
犯人を見つけて罪を自覚させ罰を与えれば
問題が解決したような気になってしまいます。

ですが、実際に問題は解決しておらず
また同じ問題が発生しては罪のなすりつけあい…。
の、同じパターンを繰り返します。

人は、このパターンを『悩み』と感じていて
感情的な苦しみを味わいます。

このパターンから脱出するには
思考レベルを変える必要があります。

当たり前すぎている

「ダメ」

に、疑問を持つ事です。

振り返ると理由は色々出てきます。

その中で最も重要なのは
「ダメ」を自分ルールに採用してしまった
本当の理由です。

「ダメ」を採用することと引き換えに

【本当に欲しいものが手に入る】

という思い込みを持っている事が
悩みの原点になっています。

この位置まで思考レベルを変えると
悩みの苦しみは一瞬で解決します。

問題は、問題のままですが
苦しむ悩みでなくなるのです。

一度この心理状態に戻る事が
非常に重要です。

「ダメ」と【欲しいものが手に入る】が
イコールでつながっている状態では
絶対に行動を変える事ができないからです。

「ダメ」と【欲しいものが手に入る】を

“つなげる必要がなかった”

と、気づいて初めて
行動を変える事ができます。

この心理状態を作れば
問題は、解決すればいい、ただの問題になります。

だから、なんの抵抗もなく解決できるのです。

本格的に心理をマネジメントしたい場合は
個別相談と、セッション体験ができる
プレセミナーに参加して下さい。

理論から学びたい場合は、心理学講座へどうぞ。(^^)

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.