Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » 心が苦痛を感じる5つのポイント【豊田*心理マネジメント】

心が苦痛を感じる5つのポイント【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

【その1 恐怖感】

怒られたくない、嫌われたくない、見下されたくない、

「だから、〇〇をがんばる!」と、自分を駆り立てる状態です。

「恐怖から逃れるため」に一生懸命でいると
疲れやすく、いつも心は苦痛を感じています。

【その2 暇・退屈】

忙しい人から見ると「ぜいたくな悩み!」と
感じるかもしれませんが…

人は
「自己表現をして、他人に認められる」ことで
心が満たされます。

だから、これといってやることがない
退屈な状態が長く続くと
苦痛を感じるようになります。

【その3 役に立たない】

日本では謙虚・謙遜が美徳で
「私なんて大したことありません。」
なんて、つい言ってしまいがちですが

本当に自分は大したことない人間だと
心の底から感じると苦痛を感じます。

心の本質には才能が眠っていて
それが生かされない状態では
満足感を得ることができません。

誰だって本当は、「あなたはすごいね!」
「ありがとう、あなたのおかげだよ。」
って言われたいのです。

【その4 孤独感】

コミュニケーションに苦手意識を持っていると
「一人の方が楽。」と感じますが
長い期間、誰とも関わらないと苦痛を感じます。

これは心の性質の一つで
他者とコミュニケーションをとることによって
「心の栄養」をとっています。

他人と話したくない人は
「嫌な栄養」が欲しくないだけで
栄養そのものが欲しくない訳ではありません。

孤独で心の栄養失調になると
やはり苦痛を感じるものです。

誰かとつながりたいのは
自然な欲求なんですね。

【その5 失敗】

「理想の結果を手に入れることができない自分はダメ。」
という自分を責めるような感覚や

「ダメだったら責められる。人生終わったと思う。」
のような強迫観念で苦痛を感じます。

さらに掘り下げると
実は、「理想の結果」が欲しいのではなく

その状態になる事で得られる
『本当に欲しいもの(感覚や感情)』

に、たどり着けないまま
人生が終わってしまうことも
心の苦痛を感じてしまいます。

最後に自分の人生を振り返った時に
「良い人生だったな。」
と、言えることが最終目標なのかも知れませんね。

これらの苦痛は心理をマネジメントすることで
解決が可能です。

苦痛の多い人生から、喜びの多い人生へ
変化させてみましょう。

変化のさせ方は
心理学講座、こころのしくみクラスで
話しています。

自分が苦痛を感じるポイントが分かります。
質問も気楽にどうぞ。
はりきってお答えしますよ~。(^^)

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.