Home » 未分類 » 心理カウンセラーの感情使いこなし論【豊田*心理マネジメント】

心理カウンセラーの感情使いこなし論【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

2015年06月10日 category : 未分類 

「たのしい」と「らく」は同じ「楽」

「たのしい」を求めているときは、成長のタイミング

「たのしい」には、行動・夢中・挑戦がある

「らく」を求めているときは、振り返るタイミング

「らく」には、休む・リラックス・空っぽがある

「たのしい」は、エネルギーを活用する

「らく」は、エネルギーを回復する

「楽」を使うと、エネルギーが循環する

「楽」の反対は「苦」

「苦」を求めているときは、緊張を得ようとしている

緊張すると、固まる、よどむ、不快になる

そこからうまれた、恐怖、憤りから、一時のエネルギーを得る

一時のエネルギーは、逃れるために使われる

そして、いずれ枯れてしまうものである

aab867c63a80845e03e285a1d4c085f7_l

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.