Home » 私がストレスケアを始めた理由

私がストレスケアを始めた理由【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

【最も苦手なものは『人』でした。】

自分と相手との間に見えない壁を感じて、

いつも漠然とした孤独感を感じていました。

 

何を考えいるかわからない。

どう声をかけていいかわからない。

きっと、つまらない思いをしているだろう。

 

人を目の前にすると、こんな不安ばかりを感じていました。

 

人と話すときは気を使い過ぎて疲れていたので、

人と関わることの少ない、

一日中パソコンに向かっている、

グラフィックデザインの仕事をしていました。

 

いつも自分に自信がなかったのですが、

仕事の技術さえ上がれば、

自信が持てるはず、と思っていたので、

周りの人よりたくさんの仕事をして、

ムリに頑張っていました。

 

 

【精神的ストレスから体の痛みへ】

いつも体が鉛のように重く、体調を崩しては会社を辞め、

少し休んでから再就職を繰り返していました。

 

一番の悩みが顎関節症でした。

 

ストレスがたまってくるとアゴが強く痛み出し、

関節の動きも悪くなって、口が開きづらくなり、

 

ついに前歯が1.5cmしか開かなくなるところまでいきました。

食事が出来なくて、手術までしました。

 

治療後、しばらくの間はよかったのですが、

また日常でストレスを感じていると、アゴが痛み出す…

ということを何度も繰り返していました。

 

 

【ターニングポイントになった出会い】

他に治す方法はないのかと思い、

インターネットで調べたときに出会ったのが、

カイロプラクターで、レイキの師匠でもある高村先生です。

 

カイロプラクティックの理論で、

脳の機能低下とストレスの関係

を学びながら施術を受け、

ストレス軽減のヒーリングを受けました。

 

体のゆがみが治り、

あごの痛みがなくなり、

ストレスが減り、

 

施術前は鉛のように重かった体が驚くほど軽くなり、

思わず「地球の重力が変わりましたか?!」

と、先生に聞いてしまうほどの変化に感動しました。

 

先生からは、

 

「脳の機能が落ちて、自律神経が働かなくなる。

その原因がストレスと関係しているから、

今後、脳を弱らせないために、

今までのパターンを変える必要がある。」

 

と教わりました。

 

 

【今まで誰も教えてくれなかったストレスの原因を探し始める】

私はどうして自分が健康でいられないのか、

今まで疑問に感じていた問題の答えを探しはじめました。

 

まずは、人との関わり方を変えるために、

コミュニケーション心理学を学びました。

 

そこで、どんな言葉があり、それをどう使うか、

それによって心はどんな動き方をするのかを知りました。

 

ストレスの原因とは、今までの思考パターンによって、

いつも強いストレスがかかる状態を自分で作り出していた、

ということに気づくことができたのです。

 

ストレスがかかるコミュニケーションがあるなら、

逆に、喜びを与え合うコミュニケーションもあるのです。

 

自分が抱えている感情を知り、

感情に合わせた言葉を正しく選ぶことが大切です。

 

自分の嫌な部分を見たくない、見られたくないと、

建前の言葉でごまかし続ければ、

感情がねじれを起こし、自分にも、相手にも苦痛を与えます。

 

自分の感情をまっすぐに感じ取ることが、

もっとも楽な感情との付き合い方です。

 

 

【心の形に気づいていく】

私は、ふと、この感情はどこから来るのか?

疑問に思いました。

 

単に性格の問題?

 

性格って遺伝で決まってるもの?

 

そうではなく、

感情を生み出すものは価値観だということを知りました。

 

価値観とは生き方のルールです。

 

それって、どこで身につけましたか?

 

ほとんどは、親をはじめ周りの人から教わり、

身につけたものではないでしょうか。

 

この価値観が、感情と密接に関わっています。

 

よりよい人生を生きるためには、

生き方の指針となるルールはとても大切です。

 

気を付ける点は、ルールを1つ作ることで、

「○合ってる、×間違っている」

という判定も一緒に生まれるわけです。

 

○は許されるけど、×は許されないのです。

 

どういうことかというと、

自分の持っている価値観に合わせて生活しているときは、

何も問題がおきません。

 

ですが、自分の価値観に反する言動をする人が表れると、

「あの人は間違っている」という判断を下します。

 

そこで心が動き、怒りが湧き上がります。

 

自分を否定されたと、悲しみを感じる事もあります。

 

一体何を考えているだろう?と不安を感じる事もあるでしょう。

 

このような流れで、価値観から感情が生まれるわけです。

 

そして、何でこんな目にあうんだ…、

一体何が原因なんだ…

あの人さえいなければ…、

別の場所に変わりさえすれば…

 

と、問題が解決できない思考パターンにはまり込みます。

 

 

【ストレスの根本に気づく】

ところで、生まれたばかりの赤ちゃんは

生きる指針や明確なルールをもっているでしょうか?

 

そんなことは、まずありませんよね。

 

要するに、育っていく中で、後付けで持っていくんです。

 

価値観は、自分の心と一体化している物ではなく、

自分に着せている洋服や持ち物のようなものです。

 

窮屈だったり、肌触りの悪い服を着ていると

ストレスになりますよね。

 

同じように自分には合わない価値観を持っていると

心地悪いのです。

 

それなのに、『それを持たなければならない』

と無理をして持っていることで、

ストレスを生み出していきます。

 

【目指すところは価値観の向こう側にあるもの】

この価値観はいつでも取り替えることができますが、

ちょっと、気になることがあると思います。

 

いま、「ありのままに生きる」という言葉が

広がっていますよね。

 

もし、価値観が心を作っているとなると、

全部外してしまったら、

心がただの「空っぽ」になってしまいそうですね。

でも、心配しないでください。

 

人の心には、価値観のさらに奥があります。

それは「本質」といいます。

 

本質は、生まれた時からすでに持っている、

純粋な「心の核」です。

 

本質の中に、あなただけが生きることができる、

生き方があります。

 

その本質に沿って生きることが、

「ありのままに生きる」ということになります。

 

本質は、深層心理の一番奥にあります。

 

後付けの価値観の層を、

ずっとずっと、くぐり抜けていった

その先にあります。

 

それを、どうやったら、知ることができるのでしょうか?

それは、ひたすら自分の内面と向き合い、

自分の中にある感情や価値観に気づき、

自分の無意識を意識と『一致』させることでできます。

 

 

【ネガディブの裏ポジティブは、偽りの夢を生む】

自分の内面を見ていく工程で、

「今の悩みを解消したいがために、やろうとしていること。」

が、いくつも現れます。

 

将来の夢や、やりたことが、

この考えに影響されていることがあります。

 

これが叶えば自分らしく生きられると思いがちですが、

「今の悩み」が解決した時点で、必要なくなってしまう願いです。

 

例えば、海外のリゾート地で過ごすことが

夢だと思っていたとすると、

裏では、日常で忙しく働いていることが大変だから、

という理由があります。

 

もし、先に仕事を辞めてしまったりすると、

悩みの原因が解決してしまい、

「リゾート地で過ごすことが、

本当に、自分にとって必要だったんだろうか?」と、

急に熱が冷めてしまいます。

 

このパターンが、

「本当にやりたいことが分からない。」

と、生き方に迷う原因になります。

 

「悩んでいること」と、

「その悩みを解決させる望み」は2つで1つです。

 

本当にやりたいことを知るためには、

今抱えている悩みと望みが、

同じものであることを知り、

一致させる必要があります。

 

この作業を何度も繰り返します。

 

すると、自分が本当はどうありたいのか。

 

何を表現したいのか、というイメージが見えてきます。

 

さらに自分を一致させていくと、

イメージはどんどん具体的になります。

 

それを知った時、

「私はこの気分を味わうために生まれてきたんだ」

と、心の底から、

エネルギーが湧き上がってくる感覚を得られます。

それが、あなたの本質です。

 

ちなみに、この本質ですが…

 

海外セレブのような、

派手で豪華なものとは、

限らなかったりします。

 

案外、

あっさりとした、

身近な感覚だったりもします。

 

な~んだ、って笑っちゃって、

肩の力が抜けたりします。

 

実はそれが、

尽きる事のないエネルギーを生み出し、

問題が起きたとしても、

悩みに苦しむことなく、

楽に通り抜けていく生き方ができる、

ポイントになるのです。

 

 

【本質からの逆算で自分らしく生きる】

本質を知ることができたら、

次は、本質を生かす価値観を身に着けていきます。

この価値観は「ありのままに生きる」ための

大切なルールです。

 

本質に沿ったルールを持っていると、

今まで、何となく取り入れてきた

他人の価値観とは違って、

他の人の価値観に

振り回されることがありません。

 

意見がぶつかって、

怒り狂ったり、

激しく落ち込んだり、

悲しみに打ちひしがれることもありません。

 

かといって、感情を感じなくなるわけではなく、

人生で起きる様々な現象に、

上手く対処するために、

感情が、本来の役割を、

はたしてくれるようになります。

 

感情がまっすぐでいると、

思考も本来の働きをするようになります。

 

自分らしく生きるためには、

具体的にどうすればいいかと考え、

自分に最も合ったやり方を、

作りやすくなります。

 

ここまでくれば、

本当の意味で自分らしく生きられます。

 

 

【最短で本質に出会う方法】

同じ悩みを、

永遠に繰り返す生き方なんて、

誰も望んでいないと思います。

 

あなたも、

あなたのありのままに出会い、

今からの人生を、

自分らしく生きるために使ってみませんか?

 

ただ単に話しているだけでは、

何十年かかっても、

たどり着くことができない心の深い場所まで、

驚くほど短期間で、

たどり着くことができる方法があります。

 

1回毎に、感覚が

“バキッ”

と変化していく体験を味わえて、

一度変化した感覚は、

元にもどることのないのが、

ストレスクリアセッションです。

 

 

【心の変化から現実の変化へのステップ】

初めは、表面部分の

コミュニケーションスタイルを表していきます。

 

心理学の解説を入れたり、

自分を客観視することで、

さまざまな気づきを得られます。

 

次のステップは、今、掴んでしまっている

「ベターな選択」に気づきます。

 

「ベター」を選ぶと、

いつもの悩みのスパイラルにハマり込みます。

 

ベターが何かを知り、

『掴むことを止める選択』をしていきます。

 

その後は、自分の「ベスト」を探っていきます。

 

ベターを止めた自分にとって、

本当に必要なものは何かを感じ取っていきます。

 

この時点でも、まだ、

ベターは現れてくるので、

それをまた手放していきます。

 

この工程を、丁寧に、

何度でも磨き上げることで、

感情を本質と一致させていきます。

 

本質と一致する感情を味わうと、

自然に自分の進む道が見えてきます。

 

感情の準備ができたら、

現実で行動の変化を確認していきます。

 

こうして、心の変化から、

現実の変化へ落とし込んでいきます。

 

あなたの人生は、

あなたが創造することができます。

 

何を創造するかは、

あなたが『何を掴むか』次第です。

 

本当に欲しいものを、

一緒に探しに行きましょう。

 

みるみる感情が変わる体験は、

とってもワクワクしますよ。

 

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2014 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.