Home » 宇井エリ ブログ【変わりたいあなたへ】 » 自分を変えるポイントは足し算よりも引き算【豊田*心理マネジメント】

自分を変えるポイントは足し算よりも引き算【豊田*心理マネジメント】【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング

自分を変えるために、

新しい知識やスキルを

一生懸命身につけようとしている方へ。

────────────────────
足すばかりの努力が実らない理由
────────────────────

今の自分が理想通りにならないのは

「足りない物があるせいだ。」と

あらゆる手段を身につけて
万能タイプになりつつあるなら
ちょっと待ってください。

やっても、やっても

「まだ、足りない。」から

逃れられなくなっていませんか?

その状態は

『自己否定の痛み』から逃げる手段に

なっている可能性があります。

自己否定の痛みとは

「自分は、〇〇だから、認められない。」
「自分は、〇〇じゃないから、認められない。」

といった具合に、

「〇〇だから(否定的な言葉)」
「〇〇じゃないから(欠乏感を感じる言葉)」
(例:ばかだから。美人じゃないから。など)

という、前提からきています。

この前提は、あなたの持って生まれた才能とは
無関係の要素を、他者の勝手な価値観によって
決められてしまったものです。

それを、無意識に判断の基準に採用しているため
気持ちがいつも否定感や欠乏感といった
「痛み」を感じる事になります。

他者の勝手な価値観は

あ な た の 才 能 と は 無 関 係 で す。

だから、どれだけ埋めようと努力をしても
埋まることがありません。

という訳で
穴埋めをするための足し算は
必要ないということです。

────────────────────
引くものは一つ
────────────────────

すべての物事の判断基準になっている

『前提』を引きましょう。

自分とは関係のない
不要な前提を引いていくと
自分の本当の才能が見えてきます。

そこに自分の意識が一致したときに
初めて、自分が何を足すべきなのかが
分かってきます。

そうです。

才能に自分の意識が一致したら
足し算を始めるんです。

まとめると

1.不要な前提を引く
2.才能と一致する
3.必要なスキルを足す

この3ステップで

あなたの努力は
みるみる実りに繋がっていきます。

あなたの才能が開花することを
楽しみにしています。

よかったら会いに来てくださいね。
どうぞお気軽に。心理学講座などでお話しましょう。

カウンセリングの口コミ

メルマガ登録/解除

メニュー

当店の基本情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 【豊田市のコーチング】心理マネジメントを学ぶならラシクカウンセリング All Rights Reserved.